ギャルランキング

マイナビ 商品

マイナビ 足元を ドレスアップ! バイク アルミ 装飾 ステップ カバー 4カラー2パターンから選べる![N-BIKE] (SILVER, クリスタル)

とても目立っていいです!欲を言うなら、もっと値段が安かったらよかった 足元を ドレスアップ! バイク アルミ 装飾 ステップ カバー 4カラー2パターンから選べる![N-BIKE] (SILVER, クリスタル) 関連情報

マイナビ

おおむね商品説明ぐらいのレベルと思う。今までに購入したソフトのレベルが宣伝文句より低すぎたのでその点、「天頂の囲碁5」は中身的にはレベルが上がったと思います。 関連情報

マイナビ マイナビ 天頂の囲碁5

使用コンピュータ CPU corei7 4930k 6コア12スレッド、Windows8.1 メモリ32GB天頂の囲碁5、銀星囲碁14 をとりあえず10局、観戦。天頂側:時間制限モード 15秒、銀星側:六段 15秒設定。(1)碁の内容対銀星:一言でいえば、碁が美しい。かなりこなれてきています。 私は天頂は3,4,5と持っていますが、これは完成度がかなり上がっています。 定石に明るいのは銀星。意外な手を打つのは天頂。という棋風は若干感じますが、以前のように荒れた様子はありません。五段設定の自戦:桂馬の突き出し、形を決めてしまうダメ打ち、がやや目立ちます。中盤、1線の4目の生き石を放置し、中手を打たれて頓死 という場面もあるも、殺された側が結果は1目半勝ち。それを読んで他へ打っていたとすれば、すごい。人間には打てない着手でしょうね。 因みに、銀星囲碁14の五段設定(六段まであり)と天頂の囲碁5の10秒設定を3局ほど観戦してみましたが、いずれも天頂のボロ勝ち。18目半、38目半、48目半と、石を殺して勝っていました。少なくとも10秒の設定では、銀星14の五段より1目は強そうでした。(2)付属機能古碁、道策や秀栄など77局が「名局集」として入っています。意外と優秀だと思ったのは、右に出る着手履歴です。一発でその着手へ飛べますし、スクロールで戻ったり早送りしたりできます。急所表示は天頂の考えがわかる という点でも、かなり参考になります。(3)対局スピード 強さに関係なく?一手約2秒のようです。1級〜四段設定でほとんど同じでした。ほとんどペースを変えません。 五段設定で2〜4秒とやや長くなりました。それでも平均ペースは3秒程度。280手完で、白黒ともに6分弱程度でした。(4)結果判定は正確 以前のバージョンで結果判定がいい加減だったプログラムは修正され、銀星と何度打っても完全に一致。 当たり前なのですが、ほっとしました。(5)CPU使用率 タスクマネージャーのパフォーマンス表示。%表示と速度、スレッド単位などです。 CPU同士の対戦をやらせると、使用率100%、速度は3.85〜3.90GHzとほぼフルパワーです。12スレッドすべて100%です。 天頂の対局を終わらせると、途端に使用率1%、速度1.30GHzに落ちます。接近戦においては、捨石を放つ特徴があったり、それが5段以下の人間ならかなりの確率で成功しそうで、観戦していて楽しい碁を打ってくれます。 ただし、銀星14などのように、六段以上の強い相手では失敗することもあります。ですが、観戦していて飽きませんでした。強ければいい。それだけがソフトの価値。 とは言えません。囲碁ソフトは 大多数の人間より強くなってます。 いかに使いやすいか、先生として打ってくれるか、付属機能が楽しいか、それでソフトの価値は決まる時代が来ています。 基本機能はしっかりしており、天頂3までのユーザーなら買い替えもありだと思いました。 マイナビ 天頂の囲碁5 関連情報

マイナビ

ライブの内容は言わずもがな素晴らしいライブでした。そこだけで見れば文句なしに星5つだったのですが・・・他にも言っている方がいますが値段不相応な商品です。パッケージは安っぽく中を見ればぺらぺらな冊子が1枚入っているだけ。映像特典は曲間で使われた映像のみ。本編は不自然なカットを加えそのまま突っ込んだといった印象。正直他の会社の商品と比べると遥かに劣ります。この値段設定にするならばもう少し頑張って頂きたいものです。良い商品を作るという気概は感じられずラブライブというコンテンツに胡坐をかいているように思いました。 関連情報

マイナビ

マイボナを使用していましたが、ちょっと使いにくいこと、棋譜解析が遅いことから激指10を買いました。一言で、とにかく素晴らしいです。1.まず、棋譜解析がわかりやすいです。マイボナでもできましたが、激指では互角、有利、優勢、勝勢との単語を表記することで、視覚的にわかりやすいです。また、解析の速さがマイボナの5倍くらい速いというのも、魅力的です。2.検討する際、マイボナでも次の1手を表示してくれますが、激指ではその後の展開を計7手ほど表示してくれます。その結果、互角になる、有利になる等をしてくれるので、現物の将棋盤をPCの隣において検討をすることができます。3.指導対局モードも楽しめます。自分が定跡と外れたり、悪手をさすと即座に指摘してくれるので、将棋センター等で直接指導を受けれない方にとっては嬉しい機能です。もちろん、なぜそうなのかまでは細かく指摘はしてくれないので、それは棋譜解析をしつつ、自分で検討する必要があります。4.難易度も、ほどよいと思います。私は将棋歴半年程度の入門者です(将棋ウォーズ3級、金沢将棋レベル100クリア程度)ので、レベル4級との対局がちょうど良いです。あるサイトの棋力判定でもアマ3級と出たので、激指の棋力は相応のものだと思います。もちろん、有段者ではないので、初段以上の棋力がどれほどかはわかりません。5.厳密に四間飛車や相矢倉、といったように戦法を指定することはできませんが、居飛車か振り飛車の指定はできますので自分の苦手な方や、研究している方を選び、レベルに合わせて対局することができます。オンライン対戦等では、こうはいかないので、重宝します。最近では、オンライン対局がかなり普及していますが、やはり、自己の将棋は分析しなければ上達はしません。棋書→対局→分析の繰り返しで強くなるからです。アマチュアで将棋をやる方なら、上達には必須アイテムかと思われます。 関連情報


Loading...


ここを友達に教える